事業内容

一般社団法人千葉ダルク

事業内容

  • デイケアセンター
  • 入寮事業

 

同じ悩みを持つ仲間との共同生活やミーティングを通して12ステッププログラムを使った新しい生き方を身に付ける場を提供します。
施設では1日2回のダルクミーティングが基本となります。

九十九里ハウスや南房総ハウスでは、ある一定期間のプログラムで生活の基本を取り戻し、自己を見つめ直す作業をします。(通常9ヶ月~1年程度)

プログラムを終了した仲間達は就職活動の為に、千葉ダルク・デイケアセンターで、薬を使わない新しい生活の負担にならないアルバイトを自分の足で探し、自立に向けた就労プログラム(通常3ヶ月~6ヶ月程度)を始めます。

その他、地域でのボランティア活動や他の自助グループや医療機関との連携をとりながら、メンバーのケアを行っています。

入寮費用 17万円/月
※初月のみ19万円

通所費用 4万円/月
※生活保護の方はご相談ください

入寮期間 18ヶ月以上
※期間は個人差があります

 

千葉ダルクの役割

  1. 薬物依存症は、当たり前の事(起床入浴、掃除、洗濯、就寝等)が当たり前に出来ない病気でもあります。仲間との共同生活を通して、これらの習慣を取り戻します。
  2. 12ステッププログラムとミーティングを通して自己を見つめ直し、それを受け入れる新しい生き方を見つけます。
  3. ダルクを退寮した後も『回復し続けるため(薬を止め続けるため)』に、自助グループに通う習慣を身につけます。
  4. 各学校や関連施設等での講演、メッセージ活動を通して、薬物依存症が『病気』であるという考え方を広く知ってもらいたいと願っています。
  5. 4のメッセージ活動と共に、地域ボランティア活動に参加することで、長い間失っていたアイデンティティや「自己の役割」(自分が何かの役に立っているのだという思い)を取り戻したいと考えています。
  6. 薬物依存症者本人やその家族の相談を受け、自分の体験を元にアドバイスします。

 

千葉ダルクの一日

10:30-12:00
ダルクミーティング

13:30-15:00
ダルクミーティング・ステップミーティング・ビデオ・スポーツ

<その他>
各地ダルクフォーラム参加
自助グループイベント参加

 

PAGE TOP